不倫・浮気

離婚の原因の中で、「性格の不一致」に続き2番目に多いのが「不倫・浮気」によるものです。

浮気の疑いが生じた場合、つい相手を問い詰めてしまいがちですが、証拠もないまま相手にしらを切りとおされては、元も子もありません。

民法による不貞行為の定義が「配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」とされていることから、有利に物事を進めるためには浮気の証拠をしっかりと集める必要があります。

しかし、自分で証拠を集めるにはそれなりの労力と時間を要します。

探偵事務所の中には、法外な報酬を請求してくるところも少なくないため注意が必要です。

トップページ > 不倫・浮気

◆財産分与に関すること

◆離婚後の生活

◆お金に関すること

contents menu

◆お子様に関すること

◆その他

◆​​離婚の原因

TEL

 096-327-8389

 

MAIL

男性も女性も安心して

​ご相談いただけます。

お気軽に

お問い合わせください。

法律相談のご予約

TEL:

096-327-8389

離婚に関するご相談はこちらへ。お気軽にお問い合わせください。

土日祝日のご相談も、できる限り対応いたします。

 不倫・浮気を理由に離婚するには

不倫や浮気を理由に離婚できるかどうかの判断は、その不倫・浮気が、婚姻関係を破たんさせる程度のものかどうかで左右されます。

過去の裁判例から見ても、不倫・浮気が離婚原因として認められるには、肉体関係(性交渉)を伴う男女関係がある程度継続的にあったことが必要になります。

浮気が1度きりで、本人も真摯に反省しているような場合は、婚姻関係を破たんさせるとまでは認められないことがあります。

ただし、その浮気が原因で別居に至り、別居期間がある程度経過しているような場合には、離婚原因になることもあります。

 

 必要となる証拠

不貞行為を原因として離婚請求をする際、相手が不貞行為を否定している場合、離婚請求をする側は、相手がある程度継続的に不貞行為を行っていたことを証明する必要があります。

例えば、不倫相手との肉体関係を示唆する内容のメール等が証拠となります。

その画面を撮影するなどして確保しておきましょう。

また、探偵や調査会社に依頼する方法もありますが、上記に記載したように、法外な報酬を請求してくるところもあるため、慎重に選ぶようにしましょう。

出来れば、事前に弁護士に相談し、離婚請求のために必要な証拠をあらかじめ確認しておき、その項目のみ調査を依頼するのが望ましいでしょう。

Copyright © 2016 Arrows Law Office All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

コンテンツ一覧

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

離婚に関するご相談