親族との不和

同居の有無に関わらず、配偶者の親族との不和は、婚姻生活における重大な問題であることは間違いありません。

しかしながら、親族との不和は、民法で定められている「婚姻を継続しがたい重大な事由」には、直ちに該当はしません。

ただし、配偶者がその不和を熟知しているにもかかわらず、傍観し、あるいは親族に同調していた場合には、離婚事由として認められる例もあります。

トップページ > 親族との不和

◆財産分与に関すること

◆離婚後の生活

◆お金に関すること

contents menu

◆お子様に関すること

◆その他

◆​​離婚の原因

TEL

 096-327-8389

 

MAIL

男性も女性も安心して

​ご相談いただけます。

お気軽に

お問い合わせください。

法律相談のご予約

TEL:

096-327-8389

離婚に関するご相談はこちらへ。お気軽にお問い合わせください。

土日祝日のご相談も、できる限り対応いたします。

また、不和の相手は配偶者の両親とは限りません。配偶者の兄弟姉妹や連れ子等も該当します。

 慰謝料請求は認められるか

配偶者の親族との不和を理由に離婚した場合の慰謝料請求ですが、配偶者が自身の親族との不和を知りながら何ら働きかけをすることなく放置し、関係改善に協力的でなかった時は慰謝料請求が認められる場合があります。

しかし、不和の相手である親族に対しては、その親族の言動が一般的に見ても耐え難く、よほど精神的苦痛を与えるものである場合を除いて、慰謝料を請求することは基本的には認められておりません。

 配偶者の親族と不和が生じたら

上記でも述べた通り、配偶者の親族との不和は、直ちに法廷の離婚原因となるわけではありません。

 

もし、あなたが、配偶者の親族と不和になっているのであれば、配偶者に間に入ってもらい、不和を解消するよう努力をする必要があります。

配偶者に訴えかけても無関心だったり、逆に親族に加担して辛く当たられたり等した場合は、配偶者に婚姻破たんの責任が生じ、離婚請求を行うことができます。

 

そして、あなたの配偶者が、あなたの親族との間で不和が生じているのであれば、配偶者と親族の間を取り持つよう努力しなければなりません。

調整を試みても不和が解消されない場合は、親族と同居しているのであれば別居をしたり、極論縁を切る覚悟が必要な時もあります。

間を取り持つどころか、自分の親族と良好な関係を築けない配偶者と対立や衝突を繰り返し、自ら離婚請求をする場合もあるでしょう。

しかし、このような場合はあなたの有責度が高いと判断され、離婚請求は認められません。

 

配偶者とあなたの親族が不和であることに気づいたり、配偶者から相談を持ちかけられた時は、なるべく配偶者に寄り添い、問題解決に向けて積極的に取り組みましょう。

Copyright © 2016 Arrows Law Office All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

コンテンツ一覧

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

離婚に関するご相談