子供の戸籍と姓

父親が親権者となった場合、両親が離婚しても、戸籍上、子供の姓に影響はないため、子供は、父親の姓を名乗り続けることになります。

また、親権者と子供の姓が同じときは、同じ戸籍に入ることができるため、そのまま父親と同じ戸籍に入り続けることになります。

よって、父親が親権者となるときは、子供の姓や戸籍に変更や特段の手続きは必要とされていません。

 

しかし、母親が親権者となる場合は、母親は離婚後、婚姻前の姓に戻り、親と子供の姓が異なることになるため、法律上、同じ戸籍に入ることができません。

母親が子供と同じ戸籍に入るためには、原則として、管轄する家庭裁判所で、子供の氏の変更許可申立てを行い、子供の姓を変更することについて、家庭裁判所の許可を得なければなりません。

その上で、入籍届を役所に提出することで、晴れて母親と子供は同じ戸籍に入ることができます。

 

なお、母親が離婚後も、婚姻時の姓を名乗る制度を利用したとしても、母親に許されるのは、あくまでも婚姻中の姓を名乗ることのみとされているため、民法上の姓は、婚姻前の姓に戻るのが建前です。

よって、母親が婚姻時の姓を名乗っていたとしても、母親と子供が同じ戸籍に入るには、やはり管轄する家庭裁判所で、子供の氏の変更許可申立てを行い、子供の姓を変更することについて家庭裁判所の許可を得る必要があります。

トップページ > 子供の戸籍と姓

◆財産分与に関すること

◆離婚後の生活

◆お金に関すること

contents menu

◆お子様に関すること

◆その他

◆​​離婚の原因

TEL

 096-327-8389

 

MAIL

男性も女性も安心して

​ご相談いただけます。

法律相談のご予約

お気軽に

お問い合わせください。

TEL:

096-327-8389

離婚に関するご相談はこちらへ。お気軽にお問い合わせください。

土日祝日のご相談も、できる限り対応いたします。

 子の氏の変更許可申立て

離婚後、子供の戸籍や姓を母親と同じにするには、家庭裁判所で氏の変更許可申立ての手続きを行わなければなりませんが、これは、子供の法定代理人である母親が行います。(子供が15歳以上の場合は子供自身が申立人になります。)

申立ての際提出する申立書には、子供の氏を変更する動機を書く欄がありますが、「離婚後親権者となった母親と同じ姓を名乗りたい」と記載すれば良いでしょう。

氏の変更が許可されたら、家庭裁判所から氏の変更を許可する審判書が送られてきます。

これを市町村役場に持っていき、子供の姓と戸籍を変更すれば、晴れて母親の戸籍に入れることができます。

しかし、離婚後母親が元の実家の戸籍に戻っている場合は、子供は母親と同じ戸籍に入ることができません。

子供が母親と同じ戸籍に入るには、母親を筆頭者とした新たな戸籍を編製する必要があります。

 

 子の成人後の姓

氏の変更許可申立ての手続きをした子どもは、成人後、満21歳に達するまでの1年間で、現在の姓のままで良いか、生まれた時の姓に戻るかの選択をすることができます。

生まれた時の姓に戻る場合、家庭裁判所から許可を得る必要はありません。

市町村役場に変更の届出をし、生まれた時の姓に戻るか、新たに自分を筆頭者とする戸籍を作るかのを選択します。

Copyright © 2016 Arrows Law Office All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

コンテンツ一覧

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

離婚に関するご相談