性格の不一致

離婚の原因の中で最も多いのが「性格の不一致」です。

 

性格の不一致とひとえに言っても、経済観念や子供の教育方針の違い、相手の家族との付き合いについてなど様々です。

 

また、この場合、性格の不一致から派生して、異性関係や金銭トラブルなど、その他の問題も重なって離婚に至るケースも多いようです。

トップページ > 性格の不一致

◆財産分与に関すること

◆離婚後の生活

◆お金に関すること

contents menu

◆お子様に関すること

◆その他

◆​​離婚の原因

TEL

 096-327-8389

 

MAIL

男性も女性も安心して

​ご相談いただけます。

法律相談のご予約

お気軽に

お問い合わせください。

TEL:

096-327-8389

離婚に関するご相談はこちらへ。お気軽にお問い合わせください。

土日祝日のご相談も、できる限り対応いたします。

 性格の不一致が原因で離婚できるのか

離婚をしたい理由が配偶者との性格の不一致の場合、相手の合意が得られればもちろん離婚は可能です。しかし、相手が離婚を拒否している場合は、離婚調停を申し立てる必要があります。

離婚調停では、離婚理由が限定されておりませんので、性格の不一致のみが原因であっても、調停がまとまれば離婚は成立します。しかし、調停が不成立となった場合は、離婚訴訟を提起することになりますが、離婚訴訟において相手が離婚を拒否している場合は、法廷の離婚原因がないと離婚を認めてもらうことができません。

法廷の離婚原因は主なものとして、配偶者の不貞行為や暴力、長期間の別居等が挙げられます。性格の不一致だけが離婚原因では、いくら不一致の度合いが大きくても、なかなか離婚を認めてもらえない可能性が高いでしょう。

そのため、離婚が裁判にまでもつれそうな時は、性格の不一致から派生して、他に法廷の離婚原因となるような要因がないかを見極める必要があります。

 

 性格の不一致を理由に離婚するには

性格の不一致といっても、内容や程度は様々です。

中には、我慢や相手に合わせる努力が足りていないだけのケースもあるでしょう。

しかし、価値観の相違が大きい相手と生活を共にし続けるのが苦痛であることは間違いありません。

もし、あなたが配偶者との性格の不一致が原因で離婚を考えており、相手は離婚に応じてくれそうにない場合は、裁判離婚で証明できるような「婚姻を継続し難い重大な事由」である証拠を集めておく必要があります。

最も有効的なのは別居をすることです。別居期間が長くなれば、婚姻関係が破たんしたと認定される可能性が高くなります。この場合の別居は家庭内別居ではなく、住居を異にして、外観上明らかな別居をする必要があります。そして、別居後の住居の賃貸借契約書や住民票等を証拠として提出するといいでしょう。

別居が難しい場合は、夫婦関係が悪化したことを証明するために、夫婦喧嘩の状況を記録した日記や録音、夫婦関係が悪化したことにより精神的苦痛を被り心療内科等に通院した場合は病院の診断書、夫婦関係の悩みを相談していた親族や友人の証言等が証拠として活用できるでしょう。

Copyright © 2016 Arrows Law Office All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

コンテンツ一覧

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

離婚に関するご相談