婚姻費用

婚姻費用とは、 別居中の夫婦の間の、夫婦や未成熟子の生活費などの婚姻生活を維持するために必要な一切の費用(婚姻費用)のことを言います。

 別居中であっても、離婚するまでの間は、夫婦は衣食住にかかる費用、交際費、医療費、子供の養育費などの生活費全般を分担する義務があります。

具体的に、どのくらいの金額を婚姻費用として受け取ることができるか(支払わなければならないか)は、裁判所が示している算定表をもとに算出します。

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf

 

更に、夫婦の収入や子供の有無などの事情が考慮され、実際の婚姻費用を定めます。

婚姻費用の支払には強制力がないため、将来支払いが滞った時のことを想定して、強制執行認諾文言付きの公正証書を作成したほうがいいでしょう。

トップページ > 婚姻費用

◆財産分与に関すること

◆離婚後の生活

◆お金に関すること

contents menu

◆お子様に関すること

◆その他

◆​​離婚の原因

TEL

 096-327-8389

 

MAIL

法律相談のご予約

お気軽に

お問い合わせください。

男性も女性も安心して

​ご相談いただけます。

TEL:

096-327-8389

離婚に関するご相談はこちらへ。お気軽にお問い合わせください。

土日祝日のご相談も、できる限り対応いたします。

 有責配偶者からの請求

別居中も、夫婦は生活費全般を分担する義務があるため、一般的には収入が少ない方が多い方へ婚姻費用分担金を請求することができます。

しかし、婚姻関係破綻の主たる責任を負っている(別居の原因を作った)のが、婚姻費用分担金を請求する側である場合は、裁判例では、請求者自身の生活費相当部分は権利濫用を理由に制限されています。

そのため請求が認められるのは、同居している未成熟子の養育費相当部分のみということになります。

 

 支払いの期間

婚姻費用分担請求は、請求した時から認められるというのが、裁判所の一般的な考え方です。

そのため、請求前の別居期間の分等、過去にもらえるはずだった婚姻費用を、後になってから請求するのは難しいですが、未払い分(請求した後に支払ってもらえなかった分)については、離婚時財産分与を決めていく上で一事情として考慮されることもあるようです。

また、婚姻費用分担請求は、基本的には夫婦が一緒に暮らしている場合は認められないとされていることが多いものの、夫婦の片方が一方的に収入を確保して、もう片方が生活に必要な費用を受け取れていないような場合は、同居中でも婚姻費用分担請求が認められることになります。

 

なお、婚姻費用分担請求の終わりは、婚姻費用分担義務がなくなるまでです。

具体的には離婚するまでか、再び同居するようになるまでとなります。

Copyright © 2016 Arrows Law Office All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

コンテンツ一覧

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

離婚に関するご相談